粟里市

提供: Wikicropedia
ナビゲーションに移動 検索に移動
あわざとし
粟里市
雪が降った粟里市
雪が降る粟里市
粟里市の市章
粟里市章
2003年(平成15年)4月1日 一般公募により決定
日本
地方 中部地方
都道府県 岩田県
市町村コード 48100
法人番号 99000201110XX
面積 217.43km2
総人口 507,931人
(推計人口、2019年10月1日)
人口密度 1,321人/km2
隣接自治体 流戸市、栗米市、東松川市、南一巻町、
富島市、岩ヶ沼城市、村崎川市、名泉市
市の木 ゲッケイジュ
市の花 オトギリソウ
市の鳥 ホトトギス
他のシンボル 市のマスコット:アワアワくん
市の愛称:ドリームシティ 粟里市
市の歌:夢見る人
(作詞:平井燎、作曲:柏倉章子)
粟里市役所
市長 九谷龍広
所在地 023-0460

岩田県粟里市台王区常磐三丁目4番4号

出典: フリー百科事典『ウィキクロペディア(Wikicropedia)』


粟里市(あわざとし)は、岩田県の南部西寄りに位置する市で、県庁所在地である。2002年(平成14年)5月1日に米西市・青田市・台王市の3市の合併により新設され、現在の市域となった。2003年(平成15年)5月1日に政令指定都市に移行した。50万都市の1つであり、日本において24番目に多くの人口を有する市である。

目次

地理

位置

粟里市は、中部地方の南部東寄りに位置する。岩田県内においては南部西寄りに位置するが、県内で用いられる地域区分では「中央地域」に区分されることが多い。

市域は、東を名泉川、北を前山山脈、西を松羽丘陵、南を太平洋と境界としている。 粟里市の市域は東西48.76km、南北37.08kmにわたり、面積は817.63km2である。 岩田県内の市町村としては1番目に広い。

地形

粟里市の土地利用に影響してきた地理的・地形的構造は、おおまかに南から沖積平野部・台地部・丘陵部・山地部の4区域に分けられる。

沖積平野部

粟里湾に接する海岸線から活断層である永井町 - 根府線(NRの貨物線とほぼ同等の位置)にいたる地域である。概ね標高20m以下の低平な平野となっており、後背湿地や浜堤列が存在している。土地利用としては住宅地・工業地域のほかに水田も多く、沖積平野であるため、軟弱地盤も多い。苦竹などに排水不良地域が残り、内水面氾濫が発生する場合もある。

台地部

六南田川や狭瀬川の流域には幅数キロにわたり河岸段丘が発達しており、この地域が台地部として分類される。標高は概ね20mから200m。粟里市都心部はこの台地部にある。段丘面が発達しているために、勾配はさほど多くないほか、段丘礫層下には第三紀の基盤岩も見られるなど、地盤も安定している。六南田川や狭瀬川では貫入蛇行も見られる。

丘陵部

河川間の稜線部には丘陵が発達している。各丘陵は、ゆるやかな傾斜地が多く平地がほとんどない。第三紀の未固結岩によって構成されており、標高は概ね50mから500m。六南田川より北の丘陵は志布谷丘陵、六南田川と狭瀬川間の丘陵は六南田丘陵、狭瀬川と名泉川間の丘陵は赤葉山丘陵、名泉川より南は高建丘陵とも呼ばれる。各丘陵においては、大型住宅団地等の開発が行われており、秦立団地など原形をとどめないほどに大規模な土木工事が行われた例もある。

土地利用

気候

行政区

人口

地区

合併前の旧3市

市域にかつて存在した市町村

地区分類と町名・大字名

歴史

先史時代

古代

中世

近世

近代

現代

政治

市長

現職市長

歴代市長

過去の市長選挙

粟里市議会

国政選挙

県政選挙

行政

広報活動

市の機関

教育

図書館

地域拠点施設

コミュニティセンター

支所・市民の窓口

県の出先機関

県の公社

警察

国の出先機関

広域行政

司法

裁判所

経済

産業構成

主な企業

主な商業施設

ホテル

教育機関

その他

ホール

マスメディア

医療機関

郵便

スポーツ

サッカー

野球

バスケットボール

卓球

スポーツ文学賞

スポーツ施設

サッカー

野球

その他

観光

主な文化財

観光スポット

祭事・催事

伝統産業

料理

交通

鉄道

バス

コミュニティバス

タクシー

道路交通

高速道路・有料道路

一般国道

都道府県道

都市計画道路

姉妹都市・提携都市

出身著名人・ゆかりのある人物

名誉市民

市民栄誉賞

粟里市を舞台とした作品

脚注

注釈

出典

参考文献

関連項目

外部リンク